模型

airbnbを考えているなら代行に依頼してみよう

空き物件の有効活用

空室

リロケーションを利用する目的として最も大きいのが、空き物件として遊ばせるのを防ぐためです。せっかく自宅を購入したにもかかわらず、すぐに転勤や何らかの事情から自宅から離れなければならない場合、すぐに売ったとしても借入金との差額が発生する場合がほとんどです。しかしリロケーションを利用することで、毎月の借入金の返済をしながら家賃収入と借入金返済の差額を利益として受け取ることができます。また転勤が終わり、自身が帰って来るときまでを契約期間として貸すことも可能なため、入居者も一時的な住処として利用しやすいというメリットもあります。専門の業者が賃貸借契約を結んでくれるため、トラブルになりにくいのも特徴です。

リロケーションが人気の理由として挙げられるのが、一般的な不動産管理業車と違い、専門の業者が行ってくれるので安心できるという点にあります。通常の不動産物件の場合、退去時の原状回復工事や滞納家賃の催促などの手続きや費用面での家主側の負担が、非常に大きなものになりやすいことがあります。しかしリロケーション業者に依頼した場合、それらの手続きは全て業者が代行してくれるため、負担を大きく抑えることができます。また誰も住んでいない住居は痛みやすくなったり、放火や泥棒などのリスクが常に付いて回りますが、人が住むことでそれらのリスクを避けることも可能です。更に入居者側は同程度の家賃負担でワンランク上の物件に済むことができるので、入居者が決まりやすいのも大きな魅力です。