模型

airbnbを考えているなら代行に依頼してみよう

安定した収益に頼れる存在

電卓

賃料の滞納対策に最適

不動産投資などで賃貸住宅を経営している場合、家賃保証を提供する業者は頼れるパートナーになります。月々の家賃をしっかり確保したい時は最適ですから、検討しておきたいプランです。家賃滞納の対策では、入居者に連帯保証人を登録してもらうというスタイルも一般的ですが、入居契約後に連帯保証人の返済能力が消失する場合もあるため、完璧に未納を防げるという訳でもありません。しかし、家賃保証に申し込んでおきますと、基本的に家賃が確実に入りますから、計画的に資金を集めたい場合は特に魅力的な保証サービスです。また、家賃滞納に対する督促など、入居者との連絡業務も一任できますので、賃貸物件の運営業務を軽減できることもメリットになっています。

入居条件の改善にも役立つ

賃貸住宅のオーナーに安心感を与えてくれる家賃保証は、入居率の底上げにも役立てられるようになっています。一般的な賃貸物件では敷金を設定することも多いですが、家賃滞納や未払いといったリスクが低下すれば、敷金などの引き下げも検討可能です。入居者側からすれば敷金は少ない方が嬉しいですから、魅力的な賃貸条件に再設定すれば、それだけ入居率へもプラスに作用します。より魅力的な入居条件へ改善することもできるため、その意味でも家賃保証は有意義なプランと呼べるでしょう。一方、家賃保証の仕組みですが、もしも家賃の支払いが遅れているなど、家賃滞納が発生した場合、オーナー側は滞納報告を行うだけです。そして、業者側は滞納者に代わってその家賃を支払ってくれますから、安心のシステムとなっています。