メンズ

airbnbを考えているなら代行に依頼してみよう

空室

空き物件の有効活用

現在転勤車を中心に人気を集めているのがリロケーションです。しかし制度的にはまだまだ浸透しておらず、尻込みしている人も少なくありません。せっかくの物件を遊ばせておくよりも、まずは利用する目的や人気の理由についてしっかり押さえ、活用することをお勧めします。

電卓

安定した収益に頼れる存在

賃貸住宅を経営している場合、家賃保証を提供する業者は頼れるパートナーです。万一家賃滞納が発生しても、滞納者に代わって支払ってくれますので、安定した家賃収益が望めます。また、家賃の滞納リスクから解放されることで、敷金の引き下げなど、より魅力的な入居条件へと改善できるため、入居率のアップにも役立ちます。

講義

投資の知識を身につける

投資の知識を得るためには、不動産投資セミナーを利用することで、得ることができます。定員が満員になっていることもあるので、前もって確認しておきます。知識を身につけて、資産の投資を始めていくことになります。

注目を浴びる民泊の提供

PCを操作する女性

空き部屋があれば誰にでも

airbnbは全世界に共通した民泊代行サービスで、近年では日本でも話題となっています。旅行などを目的として部屋を借りたいゲストと、宿泊できる物件をお持ちのオーナーとが繋がるシステムがairbnbです。最近では、日本観光に訪れる外国人旅行者も増えており、観光地や観光シーズンなどによっては一瞬で部屋が埋まってしまうことも多々あります。そのため、オーナーが運営する部屋の提供は、通常の不動産のおける家賃収入よりも2倍から3倍の収入を得られる可能性があるのも事実です。このairbnbは、ゲストもオーナーも一定の手数料を支払うことで利用することができます。部屋を提供するオーナー側では、一軒家やアパート、マンションなどのちょっとした空き部屋でも提供できるため、リスクも少なく高収入に繋がるため大変な人気となっています。airbnbをオーナーが利用する際には、日本では代行サービスが存在しているため、簡単な副業としても利用できるのが魅力と言えるでしょう。今では、主婦の方や若い世代の女性の方でも気軽に始められることで、部屋を提供する方が増えているのも事実です。

なぜ運営を依頼するのか

airbnbを利用した民泊の運営には、検索上位に表示するSEO対策やゲストの対応、予約率を上げて空室となる期間を最小限にするなどの、様々な問題点があります。この問題点をすべて行ってくれるのがairbnbの運用代行サービスで、運営が難しい方や初心者の方の多くがこのサービスを利用されているのも特徴です。運用代行サービスを使うメリットとしては、他にも外国語の対応や部屋の写真撮影や、ハウスマニュアルが作成ができるからです。また、リスティング作成から宿泊価格の調整など行ってくれるのが挙げられます。そして、チェックインからチェックアウト、鍵の受け渡しなども行ってくれます。サービスとして室内清掃、トラブルや緊急時の対策まで幅広く対応されているのも、運用代行サービスを利用する安心部分と言えるでしょう。やはり、プロの方による内装や設備品のアドバイス、状況に応じた宿泊価格設定、何かあったときの損害賠償請求代行まで行ってくれるのが魅力となっています。また、オーナーが民泊の物件数を増やすのに煩わしい運用面をすべて代行業者に依頼することで、airbnbの事業拡大と効率化を図れる有り難いサービスです。